BIOGRAPHY

〜 大 江 恵 プロフィール 〜

歌手・ナレーター・モデル・スピリチュアルカウンセラー

  • 名前 / 大江 恵 (おおえめぐみ)
  • 出身 / 千葉県習志野市出身、名古屋市瑞穂区、大阪府豊中市育ち
  • 誕生日 / 1969年1月17日生
  • 血液型 / B
  • 趣 味 / 愛犬(ぷぅちゃん&ちぃちゃん母娘)と寝る事、写真、料理、ドライブ
  • 資格 / オーラソーマ(カラーセラピー) Level2、タイ古式マッサージ、特別証券外務員二種資格
  • 好きな言葉 / 一期一会、ありがとう
  • 座右の銘「願いは思い続ければ必ず叶う」「自分の中に答えがある」

facebook https://www.facebook.com/oemegumi/

instagram  https://www.instagram.com/megumioe/

 

♪   ♪   ♪   ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪
1969年1月17日(金) 千葉県習志野市出身、名古屋市瑞穂区、大阪府豊中市育ち。
修験の山・山形・出羽三山神社 の神主で、宿坊「大江坊」を営む大江 浩のの四男である会社員の父・大江鐵夫と、モルモン教を信仰する看護婦の母・文枝の二女として生まれ、母が考え、神主の祖父に姓名判断してもらい「大江 恵」と名付けられる。

IMG_2602

IMG_2555

★父・大江鐵夫は、(株)リコー 元理事。愛知リコー・社長(1976年6月〜1981年8月)、大阪リコー 営業部長、(株)リコー東京支店 営業部長、 (株)リコー・大阪支店長(1990年4月〜1993年9月)、リコー三愛グループ(株)専務などを歴任。1993年10月1日設立の世界初の通信カラオケ会社「ギガネットワークス(株)」初代社長
♪   ♪   ♪   ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪    ♪
オペラ好きの母の影響で、胎教からクラシックを聴き、1歳で作詞・作曲。母と3つ年上の姉と、唱歌やキャンディーズなどの「歌謡曲」を毎日毎晩歌うほど歌が大好きな少女だった。
4歳からクラシックピアノ、10歳から英会話を学ぶ。当時、中日ドラゴンズのアメリカ人選手ギャレット夫妻が同じマンションに住んでいた為、生きた英会話を学ぶ。

IMG_3407

1974年7月21日 (5才) 初めてのピアノの発表会での初レコーディングのレコード↑ (1曲目は間違えてますが^^;)
小5の歌のテスト後、クラスメイトから拍手喝采を浴び、歌手になることを決意。
その2年後の1981年春(12歳)に、最愛の母を「卵巣ガン」で亡くし、それから5年間(1981~1985年)アイドル歌手 を目指し、多数のオーディションに挑戦。
FullSizeRender  IMG_2942
昭和58年12月(中3)「文化放送・全日本ヤング選抜スターは君だ」大阪代表に選ばれ、大阪成蹊女子高校入学と同時に、「平尾昌晃歌謡学院・大阪校」でレッスンを受け、昭和59年8月 大阪代表として、東京本選出場。
また、昭和59年7月(高1)「ホリプロタレントスカウトキャラバン」大阪最終予選(応募総数16万人)まで残るものの、進路を考え、17歳の時に歌手の夢をあきらめる。
英文法を一から学び直し(英語の偏差値40→65に!)金蘭短期大学 英文科に進学。(金蘭短大入学直後に英検2級を取得)
短大時代はモデルとしても活動し、IVSテレビ制作の「よみうりTV・今夜なに色」「日本テレビ・番組の途中ですが…再びたけしです。」などに出演。

IMG_4418 IMG_1126

短大卒業後、「男女差別のない会社に入って、キャリアウーマンになりたい!」との想いで、外資系だけを志望し、1989年4月 イギリス・オランダメーカー「ニッポンリーバB.V. (現 ユニリーバジャパン) 」に入社。経理に配属され、LUXシャンプー、ティモテ、PONDS、ヴァセリンなどの化粧品の原価計算に2年間 従事する。
人に会う事が好きだった為、営業に配転希望をしていた時に、勤務先に来ていた日本生命のセールスレディにスカウトされ、1991年4月、日本生命保険相互会社・外資系法人リーブ営業部に転職。モルガン・スタンレー証券会社、ロイズ銀行を担当し、半年後、首都圏営業部で新人一位となり社長表彰 を受ける。
その後、「接客業に専念したい。」と求人を探していた時に、ANA(全日本空輸株式会社)の、CA(客室乗務員)の募集がある事を知り、104に電話をして、ANAの人事部の電話番号を聞いて応募し3次試験をパスし、1992年7月27日(23歳)、ANA にCA(客室乗務員)として入社。
北は北海道・稚内、南は沖縄・那覇まで、6年半の国内線に乗務(通算フライト時間は4957時03分)。
その間、インストラクターやチーフパーサー、アナウンス指導、また、機内配布物の提案(下記 写真)や、業務改善提案、イントラネットプロジェクトのメンバーとしてHTMLでHPを作成するなど、フライト以外でも活躍する。

%ef%bd%83%ef%bd%81    IMG_4002

1999年1月21日(30歳)   ANAを結婚退職し、ニューヨーク・マンハッタンに在住。
老舗ジャズクラブ Birdlandで見たジャズシンガーを見て感銘を受け、「私が17歳で一度あきらめた大好きな歌を、大好きな英語で歌える “ジャズシンガー” にいつかなりたい!」と、帰国後、主婦業のかたわら、シティバンク、日本アムウェイ、サン・マイクロシステムズなどの外資系企業に勤務しながら、歌やアナウンス(東京アナウンスアカデミー基礎科・上級科修了 /オスカーアナウンス学院1期生)を学ぶ。
2004年頃、がんばりすぎで「うつ病」になり、心療内科に通院する。「精神安定剤」と「抗うつ剤」を同時に処方される「西洋医学」に矛盾を感じ、その心療内科で受けたアロマセラピーに感銘を受け、自分自身でも、オーラソーマ(カラーセラピー)、マクロビオティック(玄米菜食)、アロマセラピー、バンコクでタイ古式マッサージ等の「自然療法」「東洋医学」を学び、ヒーリングサロン「Natural Gift」を主宰し、セラピストとして活動し「うつ病」を克服。
セラピストとして活動する中で「自分の中に答えがある」と気付き、17歳で1度あきらめた歌手になる事を決意。

ファイル_000 (3)

2009年春から、横浜関内にある老舗ジャズクラブ経営の「BARBARBAR音楽院」にて、ジャズボーカルとジャズ理論を学び、2009年12月 40歳の時、「ジャズ詩大全」著者・村尾陸男氏の経営する横浜関内のジャズクラブ「FAROUT」のボーカルオーディションで優勝し、2010年1月17日(41歳の誕生日)から、ジャズシンガー・藤倉メグミとして活動をスタート。
2010年3月 FAROUTでの初ライブは満席(約60名)に。その後、3年間、東京・横浜を中心に、ジャズクラブやジャズフェスティバル、イベントなど、年間約80本のステージに出演する。
%e5%a4%a7%e6%b1%9f%e6%81%b5%e3%81%82%e3%81%a4%e3%81%8d%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%82%99%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9
東日本大震災のあった2011年7月 気仙沼の仮設住宅を訪れ、被災地の方々が「地震で家を流されちゃったの〜」と笑顔で話す姿を見て、「きっと家どころか、大切な人をたくさん亡くされてるのに、みんな笑顔でがんばってる。私も母が亡くなった12歳の時に、”泣いていてもママは戻って来ないんだから、笑顔で明るく生きよう!” と思ったんだった。もう愚痴を言って暮らすのはやめて笑顔で生きよう。」と13年間「池上線」で暮らした夫との離婚を決意し、同年11月17日(42歳) 赤坂氷川神社のある港区赤坂で一人暮らしをスタート。
2012年8月(43歳)、12人のジャズボーカリストが参加したコンピレーションアルバム ”JAZZ Vocal Showcase vol.2” でインディーズデビュー(Somebody Loves Me 藤倉メグミ)し、名古屋Swing、大阪Mr.Kelly’s、京都Candy、山形鶴岡まちなかシネマ、横浜 BARBARBAR、MOTION BLUE YOKOHAMA)、東京サテンドール、スイートベイジルSTB139などでライブツアーを行い大盛況に終わる。
2012年8月〜2013年1月、FM世田谷のジャズ番組「Realsongs」のメインパーソナリティを務める。

2012年3月3日に、2度目の離婚が成立した為、翌年2013年1月1日から、芸名を本名である「大江 恵」に改名。

 

大江 恵としての初仕事は、2013年1月5~7日「大型豪華客船”飛鳥Ⅱ”で行く伊勢神宮初詣の旅」
同年1月17日、六本木Disco マハラジャにてバースデーライブを開催し、月数本レギュラー出演していたジャズクラブ出演を全て辞める。
その直後に、シャネルズ(現 ラッツ&スター)さん、DREAMS COME TRUEさん、バブルガムブラザーズさん、小比類巻かほるさん、篠原涼子さん、JUDY AND MARYさん、作詞家 売野雅勇さんなど、多数のミリオンセラーアーティストを発掘した元ソニーミュージックの目黒育郎氏(現・(株)オズ・スタジオ&ショウビズ  代表 )と出遭う。
その翌年、45歳の誕生日である2014年1月17日に、目黒育郎氏プロデュースで、70〜90年代の J-POPをジャズアレンジしたアルバム “GIFT OF LOVE”をリリース。
12271062_884169211690545_2012204418_o
「キュートな歌声に癒される。」と、同世代のみならず、子供からシニアまで幅広い世代に支持され、GIFT OF LOVEは手売りのみで、1年で1,500枚以上をセールスし、2014年12月ファイルレコード  (ラッツ&スターのベースボーカル佐藤善雄社長)から発売後も、セールスを更新中。
2014年 “GIFT OF LOVE” リリースツアーは、東京渋谷 JZ Brat をはじめ、大阪Mr. Kellys、名古屋Swing、横浜BarBarBar 各地でソールドアウトとなり、東京は “原宿ラドンナ”で追加公演を行い大盛況に終わる。
hb
同年8月、光文社&エスエス製薬ハイチオール主催「素肌力コンテスト」ファイナリストとして本選に出場。
ファイル_000
同年12月7日号「婦人公論」の「幸せが舞い込んだのは手放す事を決意したから」にてインタビュー記事が掲載される。
同年11月17日、「50周年記念 小林幸子 イン 武道館」のアナウンスを担当。
同年11月、写真家・山岸伸氏プロデュースにより45歳 でグラビアにチャレンジし、イメージDVD「メグミノツバサ」を発売。2014年12月23日号の週刊FLASH に、袋綴じで8ページ掲載され話題になる。また、週刊大衆、夕刊フジ、サンスポ.com にも掲載される。

IMG_3747.JPGファイル_000 (1) 夕刊フジ_大江恵

2015年5月、六本木CLAPSでのライブで、ファイルレコード社長で、ラッツ&スターのベースボーカル佐藤善雄氏と英語版「ランナウェイ」で共演する。

佐藤善雄さん

クラウドファンディングで100名からご支援をいただき、2016年1月17日に、J-POP英語ジャズカバーシリーズPart2 セカンドアルバム” Heartfelt ” をリリース。
発売日2016年1月17日に、ラドンナ原宿にて、2016年2~6月に、銀座、横浜、前橋、浜松などで、Heartfelt発売記念ライブツアーを開催し大盛況に終わる。
Heartfelt
同年11月17日に、ファーストアルバムで好評だった”池上線” をシングルカットし、池上線沿線でリリースライブを行う。

  2017年1月17日、JZ Bratにてバースデーライブを開催し、満席で大盛況に終わる。

JZ Brat看板 15994523_1202898009817662_8697148198853880129_o

現在は、次の大きな目標のためにライブ活動をお休みし、フリーで、都内近郊にて、セラピストとして活動しながら、ジャズシンガーとして、プライベートライブや企業のパーティ、イベントなどに出演。またナレーションやアナウンス業でも活動中。

 

 

伊勢丹紳士服売場イベント

 

お仕事のご依頼は、こちらまで https://www.facebook.com/oemegumi/

お仕事のご依頼は、下記の Office Megustaまでお願いいたします。

megu117love@gmail.com  ( info@megumioe.com は現在メンテナンス中です)

 

 

【 出 演 歴 】

<ライブハウス> JZ Brat Sound Of Tokyo、原宿ラドンナ、六本木STB139、MOTION BLUE YOKOHAMA、六本木サテンドール、 横浜BAR BAR BAR、六本木CLAPS、赤坂November11th、赤坂B♭、銀座No Bird、東京タワーClub333、 名古屋Swing、大阪ミスターケリーズ 、仙台ビレバン他
<ジャズフェスティバル> SWING AKASAKA, すみだストリートジャズフェスティバル、あつぎジャズナイト
<その他 (Jazzシンガーとして)> リコー三愛会OB会, ミカワリコピー販売新社屋竣工式、新宿伊勢丹顧客招待会、 大型豪華客船「飛鳥Ⅱ」、 日本大学ヨット部50周年記念式典、 結婚式場BATUR東京ディナーショー、下田ビューホテルディナーショー、 東邦大学医療センター・大森病院ロビーコンサート、大和駅周辺商店会主催イルミネーション点灯式、 アララ株式会社新社屋披露パーティ、浜名湖ロイヤルホテル直営レストラン「一味真」、 岐阜県中津川市加子母「明治座」、その他、結婚披露宴、ロータリークラブパーティなど 
<ラジオ出演> FM世田谷 「Realsongs」 メインパーソナリティ(2012.8〜2013.1) 、ABCラジオ 「DJ Acckey on Club whose connection」、 レディオ湘南 「冨田京子の湘南ビートランド」、レインボータウンFM「Richymanのエンタメ倶楽部」 、FM世田谷 「オープンサロン834」、Music Bird 「おはようサタデー」、JJazznet 「温故知新」 他
 <声のお仕事> ANA機内アナウンス(6年半)、シティバンク投資信託コールセンター キャンペーン ナレーション、 TBS-BS特番インフォマーシャル日本郵船「飛鳥Ⅱ世界一周クルージング」ナレーション 、神宮外苑花火大会 メイン会場 場内アナウンス、横浜開港祭 イベント場内アナウンス、 小林幸子50周年記念コンサートin日本武道館 アナウンス、HSBC投信「インド債券オープン」ナレーション
<新聞・雑誌>  JAZZ LIFE (2012年11月号、 2013年1月号)、2013毎日新聞 相模版、 2014光文社×ハイチオール「素肌力コンテスト」本選出場、婦人公論(2014.12)、週刊FLASH、夕刊フジ、毎日新聞夕刊